2013年10月30日

日常であまり役似たない特技

私には、自画自賛したくなるほど上手い!と思う特技があるんです。
それは「携帯のカメラで、食べ物の写真を撮るのが上手い」
しかも、早取りです。
ちなみに、携帯はどんどん変わっても続いております。
今はiPhoneなので、画質も良いっ!
では、ここ最近の食べ物画像特集なんぞを。

「なかたに亭」のランチ
2013-09-19 12.18.46.jpeg
もちろん、デザートは濃厚チョコレートケーキ
2013-09-19 12.52.25.jpeg

まごうことなき喫茶店のコーヒーとケーキ
2013-10-02 16.17.38.jpeg

「アルション」のケーキ
2013-10-09 21.32.48.jpeg

シャンパンと紅茶のブレンド?
2013-10-09 21.27.55.jpeg
これ、美味しかったんです。さっぱりすっきり。

阪急英国展のアイス
2013-10-13 18.20.07.jpeg
・・・これは写真が上手いとか関係ないか。

さて、いかがでしょう?
美味しそうに写ってるでしょ?(自画自賛)
しかしこれ、ブログに載せる以外、役に立たない特技なんですが。
ま、いいか。
posted by 阿部遼子 at 23:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

ラムちゃんて博多弁?

先日(といってもだいぶ前)福岡に行って参りました。
で、車内で中之島サンドイッチを食べ

2013-09-26 09.18.09.jpeg

夕食に地鶏の溶岩焼きを食べ
2013-09-26 20.17.29.jpeg

帰って参りました。
2013-09-27 13.49.12.jpeg

博多は何食べても美味しいわあ…。
という、オチも何もない福岡日記でした。
posted by 阿部遼子 at 23:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

「おしてるや」チーム、これにてっ!

真紅組の公演が本当に終わるのは、精算会です。
これが終了して、本当にこの公演は終了となります。
なわけで、いつもの焼き鳥屋さんでぎゅうぎゅうで飲むがいいっ!

2013-10-12 20.14.29.jpeg
ぎゅうぎゅうだ、まだ増えるというのに、もうぎゅうぎゅうだ…。

2013-10-12 20.09.20.jpeg
美和子ときたかん、エセラブラブの図。

2013-10-12 21.51.59.jpeg
ますみちゃんとサブティー、エセラブラブの図。
何、流行ってんの?

2013-10-12 23.12.14.jpeg
大澤さんと愛さん、エセラブラブの図。
・・・流行ってたんだね。お幸せに?

そんなこんなで「おしてるや」チームは終了。
皆様、次の活動の場へと散って行きました。
そして私も、次の準備に入っております。
次回真紅組まで、皆様、お疲れさまでしたっ!

おまけ
本番中にお誕生日を迎えた、きたかんとかばちゃん
2013-10-04 18.03.30.jpeg

おめでとー。良い一年でありますように。
posted by 阿部遼子 at 23:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

「おしてるや」裏話のようなもの その4・打ち上げはスイーツで

さて、本番も無事に終わり、打ち上げも2次会へ。
もうね、眠いんだけどね、でも打上りたいからね。
すると、妙なオーダーが入る。

2013-10-07 02.59.18.jpeg

大澤さん、それパフェだよね?
甘いものだよね。
しかも満面の笑みだよね?

2013-10-07 03.00.01.jpeg

新免せんせ、それパフェだよね?
君も満面の笑みだよね?
打ち上げだよね?

これにつられて、甘い物を食べる人続出。
皆、疲れてたのよね、そうなのよね、そういうことにしておくから…。
posted by 阿部遼子 at 23:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

「おしてるや」裏話のようなもの その3・まねいております

今回のチラシの表面は、戦前の中座をイラストにしてもらいました。
まねき板には役者の名前。
これって、憧れますなあ。
いいなあ。

というわけで、作ってしまいました。

2013-10-06 14.31.49.jpeg

まあ、すてき。
テンションあがるぅ〜。
字は、ダンサーでもあり書道家でもあるElmちゃんが書いてくれました。
会場入り口の横に飾ってありましたが、気づいていただけたでしょうか?
というか、早く言えよって?!

こちらはビルの前でまねいておられた方
2013-10-03 10.28.23.jpeg

太郎さんは午前十時に出勤です。
posted by 阿部遼子 at 23:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

「おしてるや」裏話のようなもの その2・左近だけに

今回、私の役は遊女歌舞伎の左近一座の紫(ゆかり)という遊女でした。
で、その左近チームの紋をたなっきーさんに作っていただき、それを元に彫金のウエダ先生に髪飾りを作っていただきました。

2013-10-05 20.10.06.jpeg

左近だけに、さあ、コンっ!

全員揃うと
R0013301.jpeg
華やかですなあ。

先生、毎度ありがとうございます。
次は何を作っていただこうかしらん。うふ。
posted by 阿部遼子 at 23:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

「おしてるや」裏話のようなもの その1・どでかいパズルの気分

ちょっとばかり、裏話のようなものを。
今回の芝居は、ほとんどセットがなかったのですが、オープニングだけありました。
絵が4枚、着物が2枚、襦袢が2枚、掛け軸が3本。
が、上から吊られておりました。
なので、最初はこんな状態です。
R0013295.jpeg
(オープニング殺陣チーム。カッコつけてます)

で、一番奥には、大坂城の絵がどどーんとありました。
劇場の後ろ全面サイズの絵ですから、そらもう迫力はあるのですが・・・どこで作るの???
ちなみにこの絵、元の絵を拡大カラーコピーしてます。
しかも、落ちる時は蛇腹状にするため、ブロックごとに貼っていくというかなり根気のいる作業があるわけで。
舞監のさおりんが悩んだ結果

2013-10-01 22.01.26.jpeg

公園で作りましたっ!
学生時代を彷彿とさせるこの作業・・・。
懐かしいねえ、と言っていたら、現役学生のDEWが小首をかしげてました。
ともあれ、晴れていて良かった。

皆で地味に作った大坂城、本番では派手に落ちてくれて感無量。
大きなものも、一歩から。ん?
posted by 阿部遼子 at 23:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

「おしてるや」稽古備忘録のようなもの

公演も無事に終了し、おしてるやチームはそれぞれまた、別の場所へと散っていきました。
それがプロデュースというもので。
次回会うまで、皆様のご活躍を楽しみにしておりまーす。

稽古中に撮った写真たちの残り

鼻の頭に泡ついてますよ?マキーラ
2013-09-21 23.37.19.jpeg

いつものお店のまかないカレーに興奮する人々
2013-09-22 22.11.35.jpeg

まるいまるひさん
2013-09-29 21.28.41.jpeg

・・・稽古風景ないがな。
posted by 阿部遼子 at 23:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

「おしてるや」あとがきのようなもの

「おしてるや」とは、難波の津にかかる枕詞です。
「押し照る」と書いて「波間の光がキラキラと美しく輝く様子」を表すそうです。

今回、初めての劇場「道頓堀ZAZA HOUSE」さんで公演をするにあたり、何を演目にしようかと悩んでいたら、たかしまくんに「道頓堀って、道頓さんが作ったって知ってます?」と聞かれたのがきっかけでした。
しかし、調べてもあまり多くの資料はありません。
そりゃあそうでしょうとも。
道頓堀を作った方とはいえ、武士ではない町人が400年も昔の詳細な資料があるわけがなく。
というわけで、かなりフィクションです。

ある男が堀を作ろうとした。そしてその堀は今でも大阪の中心にある。
それだけの物語です。
ですが、それだけを作ることの大変さ、そして楽しさ、苦しさはきっと面白い。
それは堀という難事業に関わらず、どんなに小さいことでも、何かを皆で作り上げることなら変わらないはず。
そんな、馬鹿で単純な物語となりました。

一番の謎は、道頓さんがなぜ大坂夏の陣へ行ってしまったのか、ということですが、これは本当に分かりません。
ただ、道頓堀がこんなに後世に残る重要な堀になるのなら、夏の陣へ行かなかったのではないかな?などと考えたりします。
きっと、道頓さんも出来上がった堀を見たかったのではないかと。
堀の水辺がキラキラ光る様子を。
なので、お芝居の中で出来上がりを一緒に見ていただきました。
いかがでしたか、道頓さん?

2013-09-27 19.16.44.jpeg
posted by 阿部遼子 at 23:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

真紅組プロデュース公演「おしてるや」終了いたしました

真紅組プロデュース公演「おしてるや」終了となりました。
ご来場いただいた皆様、スタッフ、キャストの皆様、本当にありがとうございました。

楽しい日々を過ごさせていただきました。
毎日、皆さんの笑顔を見せていただいて、私は果報者です。
心からの感謝をこめて。

R0013266.jpeg

おまけ
紫(ゆかり)、おゆきさんと大げんかの図
R0013290.jpeg
(そんなシーンはない)
posted by 阿部遼子 at 18:14| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

真紅組プロデュース公演「おしてるや」

しばらく、この記事が先頭になります。
すみません、やっぱりほら、宣伝しておかないと。

次回の真紅組プロデュース公演は、道頓堀ZAZAに初お目見え!
食い倒れ太郎さんのいらっしゃる所です。
ここは、元中座があった所でして。
しかも道頓堀400年記念のプレイベントにも入っているということで。
道頓堀を作った安井道頓さんのお話です。
堀に関わった人々の馬鹿馬鹿しい物語を、笑顔で見ていただけたらと思います。
道頓堀ZAZAにてお待ちしております。

真紅組プロデュース公演
「おしてるや」
作/阿部遼子 演出/諏訪誠
ositeruya_omote_130806_s.jpg
一六一五年五月七日深夜、大坂城は落城した。
大坂の町と大勢の人々とともに。
何もなくなった大坂の町で、なくならなかった「もの」があった。
道頓堀にまつわる男たちと女たちの、
ちょっとおかしな「ど根性物語?!」
「おもしろそやし、やってみるか」

▼日時
2013年10月4日(金)〜6日(日)
4日(金)15:30/19:30
5日(土)14:00/18:00
6日(日)11:30/15:30

4日(金)15:30は「平日マチネ特典」、
着物でご来場の方には「着物特典」あり!

▼料金
チケット発売日は、8月8日≪笑いの日≫12:00〜
予約はこちらから
一般 前売3,000円/当日3,300円
学生 前売2,500円/当日2,800円(中・高・大・専門学校)
子供 前売1,500円/当日1,800円(小学生以下)

▼場所
道頓堀ZAZA House
〒542-0071 大阪市中央区道頓堀1-7-21
中座くいだおれビル地下1階
最寄駅:地下鉄御堂筋「なんば」14番出口
posted by 阿部遼子 at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

インターネットラジオ・ソラトニワ「umedamon 劇場行こう!」にまたも出演

先日、インターネットラジオ・ソラトニワ「umedamon 劇場行こう!」に、またもお邪魔してまいりました。
いや、本当にありがとうございます。
いつもの低音ボイスですみません。

しかし、パーソナリティの彩羽さんてすごい。
何がすごいって、会話の中で何が帰ってくるのか、予測ができないところがすごい。
計り知れないわ…。

2013-09-22 15.38.07.jpeg

うちの演出、諏訪さんのアロハはお母様のお手製。
実は諏訪一家がブースの外で、息子を見守っていらっしゃいました。
石原さんに言おうとしたけど、すごい目で演出に睨まれたのでやめました。
そして、演出は絶対外を見ないのでした…。

へへ。バラしちゃった。
posted by 阿部遼子 at 23:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする